トイレのウォシュレットの水漏れは電源も視野に

さまざまな機能を持つようになったトイレですが、ウォシュレットは世界中で有名になりました。世界に誇る日本の技術としても知られるようになりましたが、もともと商品名です。温水洗浄便座というのが正式名ですが、非常に多くのところで使われるようになりました。水道をつないでいかなければ使えないものである以上、異常があれば水漏れを起こしてしまうことになります。注意しておかなければいけないところになってくるでしょう。

■水道管が接続されている状態と水漏れ

ウォシュレット 水漏れは、大きな問題を抱えることになるのは、水道がつながっているからです。高い水圧が掛けられたままの状態になるため、接続部品に問題があれば、水を吹き出してしまうことになるでしょう。一気に広がってしまうようなことになるため、なにか少しでも異変があれば修理していかなければいけません。他にも内部で温めていくことになりますし、吹き出し口で漏れてしまうようなこともあります。便座に落ちている分には、水道代がかかっていくだけですが、外に漏れれば流れ出してしまうことになります。どちらにしても大きな被害をもたらすことになるため、早期に修理する必要があります。

■電気が使われていることの危険性

ウォシュレットから水漏れを起こしてしまう状況を考えてみるとわかりますが、電気が近くにあるということです。水が漏れてしまえば修理することになりますが、電気を使っているため、まずはコンセントを抜かなければいけません。どうしても焦ってしまい、判断を誤ってしまうこともありますが、感電したりしないように電気を抜いてから水を止めます。止水栓がついているものであれば締めれば止まりますが、はっきりとわからないときには、元栓を止めてしまうことが重要です。水が止まれば被害の拡散は収まるため、この間に専門業者に連絡するのがポイントになってきます。



■まとめ
水漏れを確認したら、修理をすることは当然です。ですが、電気があることを忘れないようにするのが重要になってくるでしょう。構造的に考えても、トイレ本体よりも複雑になっていることも珍しくありません。素人で修理ができないことも出てくるため、水回りの専門家か購入したところに修理を依頼していくことが必要になるでしょう。水道管周りになれば大きく吹き上がることにもなるため、壊れたりしないものとは考えずに、普段から掃除をするときなど異常がないか確認しておくことが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ