トイレの水漏れと箇所

トイレの水漏れと箇所 毎日使う設備は限られています。家の中にある設備を見ても、必ず使うところといえば、トイレになるでしょう。ですが、水漏れのトラブルを起こしてしまったらどうなるのかを考えてみなければいけません。トイレ 水漏れということは、単に水が漏れるといったことだけではすみません。もっと大きなトラブルにもつながってしまう場合もあります。水は隙間があれば流れていきますし、染み込んでいくことで問題を起こすことが増えていきます。水をかぶれば問題のあるものもありますし、湿気を帯びてしまうことで変質してしまうものも出てきます。衛生上の問題からも、仮に軽微なものであったとしても、できるだけ早く修理を考えていかなければいけません。

■タンクから漏れてくる場合

トイレの水漏れの原因はいろいろなことが考えられます。水を使って洗浄までおこなう設備になっている以上、さまざまな箇所に水はまわっていくことになるからです。タンクレスなども出てきていますが、水を貯めこんでいることには変わりがありません。ため込んでいる以上、ほんの少しの隙間でも開けば、水は流れ込んでいくことになるでしょう。それも大量の水を抱えているうえに、なくなれば給水されていくことが重要になってきます。水漏れを起こしていても、その分給水されていくことになり、エンドレスに流れていくことになるでしょう。それだけのダメージを広げていくことになるのですから、できるだけ早く修理をしなければいけません。放置していても直ってしまうことはないのでなるべく早く対応することが大切です。

■ウォシュレットも水を使う
さまざまな機能も持つようになり、複雑な形状にもなってきました。あとからプラスすることもできるようになっているものの中には、ウォシュレットがあげられます。日本の世界に誇る設備のひとつですが、これは商品名で一般的な名称ではありません。デファクトスタンダードになっていったのもそれだけの魅力があったからです。本来は温水洗浄便座と呼ばれているものになりますが、給水して温水に変えていく機能を持っています。つまり、ここにも水が回ってくることになります。さまざまな形状があり、進化も進んでいきますが、水を使うことには変わりがありません。水道管から給水を受けることにもなってくるため、水漏れを起こせばここでも大参事になるでしょう。電気を使っているということも抑えておかなければいけないポイントになっていきます。

■トイレは割れてしまうこともある

トイレ本体から問題が出てくることもあります。陶器でできていることでずっと壊れないものであると勘違いしてしまうこともありますが、いずれ寿命が訪れることには違いがありません。ただし、この寿命をどう考えるかですが、トイレとしての機能だけであれば、割れたりしなければ問題はありません。ところが、水漏れを起こしているということは、どこかに欠けたりひび割れたりしている部分があるという可能性があります。陶器は自然に元に戻ったりすることがありません。水漏れを起こし始めてしまえば、二度と回復することがないのです。特に陶器でできている本体部分に問題があるのであれば、交換するという選択も必要になってきます。デメリットが多く感じますが、水漏れの際に交換してしまうことはメリットも生まれることを忘れてはいけません。

■まとめ
トイレは生活の中で欠かすことができない設備です。あって当たり前、使えて当たり前と思うこともありますが、実際には壊れることは珍しいわけではありません。少しずつ水漏れを起こしていることもあります。水道代を見て気が付くようなこともあるでしょう。早めに気が付くことによって、余計なお金を支払ったりする必要もトラブルで困ってしまうようなことも起きないのですから、早めの対処を考えていく必要があります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース